和祭@大原和服専門学校に行ってきました。
久々の夜行バス。
コンタクトと帯板を取っていざ奈良へ。

奈良県は富雄にある、大原和服専門学校の文化祭、和祭にキモノコモノ市番外編で参加してきました。
奈良が近づいてきたところ、一面の草原のようなところに門?のようなものを発見。都跡?

バスの終点のJR奈良駅周辺は反して都会的。富雄駅のある近鉄線に乗り換える道の途中(15分ほど歩く)、憧れの興福寺に立ち寄ることが出来ました!

清々しい。

阿修羅像のある、建物は修理中みたいでした。また来ます。

旅のお連れのかなめ屋ちかちゃんは、念願の御朱印帳をゲットしてご満悦の様子。良かったね!

国宝の五重塔と記念に。また来ます。
近鉄線に乗る前に腹ごしらえ。奈良の和風モーニングを選択。

電車に乗るとまたもや、草原に門の様な建物が出現!バスから見たものと同じ気がする。
※これがかの平城宮跡だったみたい。


道に迷いながらもなんとか、大原和服専門学校に到着です。ちょっと奈良を満喫しすぎてギリギリな到着でした。ごめんなさい。

なんとか設営をすませ、和祭出店無事に開始。

ブースシェアパートナーのかなめ屋も完了!

前回の小松遠征の時にご一緒したclutchキモノ店さんと再会できたり、

大阪のおちゑさんとも再会!

FBで繋がった和裁士のとTさんともお会いしたり、

半襟フェスでご一緒した、かわいい小物屋さんのsha lan la さんはご近所さんだそう!遊びに来てくれて、フェザーのイヤーカフをお求めくださる♪

私は土曜日のみの参加だったけれど、キモノコモノ市のメンバーと再会し、また一緒に出店できてとても楽しい一日となりました。

キモノコモノ市メンバーの他にも素敵なクラフト作家さんともお知り合いになれました。

京都からの新幹線に乗る前に駆け込んだ、ソワレは残念ながら閉店後だったけど、これは、またゆっくりいらっしゃいな。と言われているとポジティブに受けとめました。
(笑)

楽しい弾丸関西ツアーでした。
スポンサーサイト
【2017/09/12 13:46 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
同級生の開店したお店、お茶の子まめからのロージャポ落語の日の着物。
夏着物も着納めですね。
ロージャポ落語の日はグレーレースの単衣、Berry工房のドットフリル帯、でこら半衿 ポジxネガ シロクロ、ウッド帯締め。

かわいいボリュームの出る帯だけど、今日は角出し風に。

半衿と帯をシロクロ水玉で統一。


やっぱりモノトーンが好き♪
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
【2017/09/12 12:10 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
内装施工スケジュール打ち合わせの日の着物。
夏着物も気納めかな。ということで、店舗準備の内装施工スケジュールの打ち合わせの日は、

お気に入りの Junko Koshino さんのバナナの着物で。

撫松庵のドットの足袋、辻屋本店さんで挿げ変えてもらった黒塗りつや消しののめり下駄、





でこら半衿 ポジxネガ シロクロ、



↑着物からちょっと透けてる衿の水玉が良い♪

にウッド帯締め。



ちなみに、この日は工場に頼んでいたウッド帯締めの金具も取りに行った日。実は今までは父に頼んで作ってもらっていたのだけど、もう制作が間に合わなくなって来たのでプロに依頼。

仕上がりが美しくて感激!

オリジナル金属パーツを作りたい方にはご紹介しますよ。

内装にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村施工の打ち合わせも順調に進む。
開店準備も着々と。

【2017/09/05 10:01 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
物件申し込みの日の着物
着物日本酒カフェ の店舗物件の申し込みしてきた。

そんな日の着物は、

きものジェンヌの夏着物、



でこら半衿 ポジxネガ フラミンゴ、



チャイハネのタイダイ兵児帯、ウッド帯締め、



足元は鱗x縞 空の鼻緒の舟底下駄。
久々に半衿付けて足袋履いてきちんと。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
【2017/08/29 09:40 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
金子國義の浴衣、“唇から百人一首”をおろして浴衣ナイトat Wired Hotel Asakusa へ。
仕立直やさんに頼んでいた浴衣が仕上がった!
早速これを着て浅草のWired Hotel で開催の浴衣ナイトへ。
浅草の名物(?)自撮りスポットの前で1枚目。

裾に百人一首の句や唇が満載なので、襟は黒い部分を使ってスッキリと仕上げて下さってます。

本当は、黒字に赤の独鈷の博多の半幅帯を締める予定が、引越しの荷物に紛れたままであることが判明笑。
こちらの黒地に赤い斜め矢羽根の半幅帯に変更。同系色で揃えたかったの。
そして、ポイントにウッド帯締め。

足元は糸春舟底下駄。革の鼻緒は素足には厳しいのと、足元をもう少し黒くしたかったので、靴下屋の足の甲ソックスを
履いてからの下駄。
これは、インスタでこれをしてる方がいて真似させてもらったらすごく良くてお気に入り。値段も手頃でオススメ!

出来たばかりのWiredHotel内のZAKBARANの素敵で美味しいお料理をいただきながら、

ママお二人と参加者の方々と楽しい浅草の夜♪
【2017/08/25 10:03 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ