FC2ブログ
デコラ半衿コーデいろいろ。
デコラ半衿、

名前がなかなかのインパクトなのだそうです。

着物人ならば半衿がどういう役割なのかご存知かと思います。
ただデコラ半衿となるとこれはどう使うのだろう?花はくっついているのやら?取り外しできるのやら?と疑問の多いアイテムだと思います。

そこでデコラ半衿の使いたかやコーデ例をご少し紹介したいと思います。

デコラ半衿、簡単に説明するとコットンや古布を使った取り外し可能なお花コサージュが2つついた半衿です。



通常と同じように襦袢に縫い付ける、もしくは安全ピンなどで留めてからお好みの位置にお花をつけます。

私は衣紋を広めにとるのがすきなのと半衿は多めに出すので若干後ろ気味につけています。



お花コサージュの位置は好みでどうぞ。

基本の2こづけ、


ひかえめ1こづけ、


一つは着物に留めるバージョン、


などなど。
裏にピンがついているのでお好きなところにつけてアレンジが出来ます。

半分だけチラ見せ、


全部見せw。


これだけでも雰囲気はかなり変わりますね。半分チラ見せタイプだと半衿がさながら立体的になっているようで私のお気に入りの付け方ですが。

せっかくのかわいい半衿がどうしても着物の中に隠れちゃう泣。というお声もよく聞こえて来ます。こんな方にはコサージュがストッパーの役目をしてくれるのでかわいい柄を余すところなく見せられる!
なんて効果もあるようです。



何はともあれ付けはずせるのですから、いろんなところでお楽しみください!

デコラ半衿屋はこちら。

kimono_fudan88_31_lightred[1] 



スポンサーサイト



【2013/04/12 21:57 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
着物de手芸ピクニックat 代々木公園!開催。
着物コーデよりも告知が多いこの頃です。今日も告知をさせていただきますm(_ _)m


今年もやります。

毎年恒例となりました着物de手芸ピクニック。

今回は新緑のきれいであろう五月に開催です。桜もひと段落しすっかり若葉の季節ですよねーなんか和みそうです。

着物de手芸カフェの会場を提供くたまさるTabela特製のランチボックスをいただきながらみんなで着物が楽しくなる小物を手作りします。

今回のお題は、
“着物とココナッツで作るリボンの髪かざり”です。



昔の縞柄着物生地と2種のココナッツビーズ、カラフルボタンを使って作ります。裏にはヘアピンがついていますのでショートカットの方にも使いやすいです。
裏のヘアピンをゴムやストラップに変えてヘアゴムやチャームとしても使えますよ。

男性もプレゼントにいかがですか?青が鮮やかなリボンは夏の浴衣の季節まで大活躍です。
※ちょうど銘仙の色も青なので浴衣によく似合うこと請け合いです♪

月一回で開催させて頂いた着物de手芸カフェも50回を節目にひとまず終了いたしましたが、今回のピクニックが季節ごとの開催となる第一回目です。

前回のランチボックスはベジタブルとソーセージのピタサンドにケーキでした。今年はドリンクもセットにしてくださいましたよ♪

私も毎年楽しみなイベントです。
一緒に着物で手芸ピクニックしましょう。みなさま奮ってご参加ください!!


【日時】5月12日(日)13:00-15:30(12:45 Tabela前集合です。)
【講師】宇都木由美 http://mamamangosteen.blog86.fc2.com/
【参加費】3,500円(講習費、材料費、デザートセット、雨天の場合の場所代も込み)
【持ち物】特にありませんが、屋外ですのでクッションやブランケット等必要な方各自でご持参ください。     レジャーシートは用意いたします。
【定員】10名(要予約)
【場所】代々木公園 ※12:45 Tabela http://www.uplink.co.jp/tabela/top.php 前に集合して徒歩にて代々木公園に行きます。          ※雨天の場合はTabela店内で開催です。
《お問合せ&ご予約》1.名前 2.人数 3.メールアドレス 4.電話番号
※件名を「5/12手芸カフェ申し込み」としてください以上を明記の上、tabela@uplink.co.jp もしくは、yumiutsugibeadworks@gmail.com (宇都木由美) までお申し込みください。

ご質問、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

尚、席数に限りがあり、定員に達した場合は予約を〆切させていただきますので、参加を希望される方は早めのお申し込みをお勧めいたします。

kimono_fudan88_31_lightred[1] 




【2013/04/12 12:58 】 | 着物de手芸カフェ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |