FC2ブログ
カラフルな2色の半襟が完成です。もう少し涼しくなったらみんなで使いましょうか(^^)
kimono_fudan88_31_lightred[1] 

東京が花火で盛り上がる中www2色の半襟講座開催いたしました。

参加の皆様ありがとうございました!

P1030254.jpg

今回は異なる2種類の生地を縫い合わせ、しかもそこに刺し子で模様をつけてしまおうということで、各参加者さんには好きな生地を選んで頂き、まず真ん中を縫い合わせます。

P1030259.jpg

手縫いの場合はなるべく細かく縫います。

P1030260.jpg←紫の鮫江戸小紋 x 赤い更紗風お花柄

P1030262.jpg←紫の鮫江戸小紋 x 青い紬

ほどいた着物の生地や着物を仕立てるときに出た反物の余り、リサイクル着物やさんで発掘した端切れなどを使います。
祖母が仕立てた鮫江戸小紋の残り生地が人気でした。半襟にしたときちょうど良い張りがあります。

P1030264.jpg

P1030278.jpg


2枚を縫い合わせ縫い目をアイロンで押えたら刺し子糸で模様を入れていきます。

地紋が見えやすいときはそれに沿ってまっすぐステッチを入れたり、見えない時無い時は裏に下書きをして縫うとまっすぐ模様が入ります。もちろんまっすぎだけでなく丸でも三角でもお好みで。

江戸小紋や紬など厚めの生地は針が通りにくいのでちょこっと大変です。

P1030263.jpg

刺し子の後半はみなさんかなりの集中力でもくもく作業。この時間がけっこう心地よかったりします。
集中して作業をしていると2時間はあっという間ですね。

P1030275.jpg←私も一緒に見本の半襟に追加で黒い刺し子を入れてみました。そうしたら引き締まりました。

P1030274.jpg

P1030273.jpg

P1030276.jpg

P1030280.jpg←こんな丸い模様の方も♪

P1030282.jpg
←青い花菱小紋 x 芥子の菱模様

実際着物とあわせた時が楽しみな作品がたくさん完成です。
半襟は1m近い細長い布が必要ですが、こんな風に1枚では長さの足りない生地も使えるのでお手持ちの端切れも活用できますよ。
しかも刺し子を入れると古い布も強くなります。一石二鳥ですね。

カジュアル着物はちょっとの工夫で楽しくなります。

次回も着物が楽しくなるリメイク作品をご紹介いたします。

皆様ありがとうございました!!



関連記事
スポンサーサイト



【2012/08/12 03:28 】 | キモノプロジェクト | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<着物(浴衣)de手芸カフェもあと2回で記念すべき50回です。皆様のおかげさまです。 | ホーム | 黒地に月星柄の浴衣は好評!なんとんくかっこいい感じにコーデしたくなる一着ですね。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamamangosteen.blog86.fc2.com/tb.php/1165-fac54b7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |