デコラ半衿コーデいろいろ。
デコラ半衿、

名前がなかなかのインパクトなのだそうです。

着物人ならば半衿がどういう役割なのかご存知かと思います。
ただデコラ半衿となるとこれはどう使うのだろう?花はくっついているのやら?取り外しできるのやら?と疑問の多いアイテムだと思います。

そこでデコラ半衿の使いたかやコーデ例をご少し紹介したいと思います。

デコラ半衿、簡単に説明するとコットンや古布を使った取り外し可能なお花コサージュが2つついた半衿です。



通常と同じように襦袢に縫い付ける、もしくは安全ピンなどで留めてからお好みの位置にお花をつけます。

私は衣紋を広めにとるのがすきなのと半衿は多めに出すので若干後ろ気味につけています。



お花コサージュの位置は好みでどうぞ。

基本の2こづけ、


ひかえめ1こづけ、


一つは着物に留めるバージョン、


などなど。
裏にピンがついているのでお好きなところにつけてアレンジが出来ます。

半分だけチラ見せ、


全部見せw。


これだけでも雰囲気はかなり変わりますね。半分チラ見せタイプだと半衿がさながら立体的になっているようで私のお気に入りの付け方ですが。

せっかくのかわいい半衿がどうしても着物の中に隠れちゃう泣。というお声もよく聞こえて来ます。こんな方にはコサージュがストッパーの役目をしてくれるのでかわいい柄を余すところなく見せられる!
なんて効果もあるようです。



何はともあれ付けはずせるのですから、いろんなところでお楽しみください!

デコラ半衿屋はこちら。

kimono_fudan88_31_lightred[1] 



関連記事
スポンサーサイト
【2013/04/12 21:57 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<浅草で開催のキモノプロジェクトの第12回着物市に出店決定! | ホーム | 着物de手芸ピクニックat 代々木公園!開催。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamamangosteen.blog86.fc2.com/tb.php/1281-01d99dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |