おじいさんの履物たち発掘。びっくりも発見!
押入れから祖父の履いていたと思われる草履が出てきました。



私の祖父は民謡歌手でした。
実は日本チャンピオンでもあります。

残念ながら私は歌の才能は受け継ぎませんでしたが…
※父と妹は上手いです。

なので若干派手目な、衣装であっただろう着物や袴があったりして、着ることもできずに父の趣味でもなく、どうしたものかと思い悩んでおります。


はじめの写真は畳表の草履三種。
本天や蛇革や型押し?の革の鼻緒が挿げてあります。
茶の鼻緒の草履は三枚重ねです。他は二枚。

履いてみると非常にかっこいいです!

祖父は足が小さかったのか私でもピッタリで履くことができるのでかっこいい系着物の時に合わせても良いかな?などと。



二枚目はいかつい真っ白エナメルの草履。
いやーこれは普通の人はなかなか履かないでしょうね^^;
祖父の場合は衣装であろうので問題はないのでしょうが。

実はこちら、箱を見ると浅草 辻屋 さんの文字。
なんと私もお世話になっている辻屋さんに祖父もお世話になっていたとは!!

びっくりです。



今でこそTXの開通で浅草までは近くなって便利になりましたが、当時なら我が家からはけっこうかかるはずです。


祖父もなかなかおしゃれだな。


こちらも私にジャストサイズなのでなんかの時に活用してみたいと思います。

昔の仕事は素敵ですね。
関連記事
スポンサーサイト
【2013/05/16 01:11 】 | 制作日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<大江戸骨董市からの初歌舞伎! | ホーム | 最近仲間入りの履物たち。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamamangosteen.blog86.fc2.com/tb.php/1296-0d8ba1ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |