新しい縞の着物が仲間入り。昭和前期コーデを探しに行き発見。
地元(郊外の大型)のリサイクルショップは穴場です。

なんというかお店で価値がつくものと私が探しているものに差があるので、いわゆるアンティークに分類されるであろう着物にはこういったお店では価値がつかないのです。

ただ単に古いシミのある着物という価値になるので、非常にお買い得な投げ売り的価格がついていることが多いです。

そんな感じで手にいれたのがこの三点。



夏の紗?帯はピンクに朝顔のモチーフ。中の芯が丸見えなんですが、同時に糸くずとか芯のフシとかも丸見えで少し笑えます。状態はすこぶるよろしい。
赤地に青の唐草柄帯も若干のシミのみで無問題。にポリの縞柄単衣もシミもなくきれい!

三点で1300円也。

来月とあるイベントにお誘いいただきましたのでそこに着て行けそうな昭和前半期な装いが出来そうな着物を探しに行ったのですが、朝顔なんかは使えないかな?と目論んでいます。厳密に時代を考えると合わないかもしれないのでまぁ雰囲気がかもし出せれば良いのですが、ちょっとイメージを作ってみました。



帯揚げはコットンストールだし、着物はポリの単衣だしで7月に着るにはごちゃ混ぜですけどね(笑)ただ花柄の帯と縞の着物でコーディネートしたいですね。

下は帯だけを変えて。



どちらも雰囲気は良い感じです♪
この調子でもう少し季節感を取り入れればいけそうです。

イメージだけでは説得力が無いので昭和前期の着物について少し調べてみました。

こちらを拝見↓
http://konjaku.com/report/kindai_fukusyoku.pdf

中盤に今でも十分街を歩いていそうな女性達がいます。
おかっぱの方なんかはものすごく好み!!

私のイメージとあまり大差がなかったようで一安心。
来月のイベントまでには形にしておきます。そしてそのイベントもご紹介出来たらと思います。

kimono_fudan88_31_lightred[1] 



関連記事
スポンサーサイト
【2013/06/06 09:38 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<梅雨入りなのに良い天気続き。今のうちに雨対策? | ホーム | Kimono Meets Girl -平成着物女子写真展-開催!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamamangosteen.blog86.fc2.com/tb.php/1305-146bb1df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |