昭和初期なよそほひを目指して…
昨夜、学士会館のビアガーデンにてモボモガのみなさんとお食事をして参りました。

行かれたことがある方はおわかりかと思いますがとっても趣のあるモダンな建物です。

そんな学士会館の八十五周年とそれに合わせた当時の制服の復刻を記念してそれではお客の私達も当時の装いにて参加しましょう!との呼びかけに集まった次第なのです。



昭和初期の装い…文献を参考にしつつ、少しイメージも含めて考えました。
届いたばかりのberry工房さん謹製草履を青い縞の単衣着物とピンクの朝顔の夏帯に合わせています。
半衿も足袋もレースにして、帯締めにはウッドの手製を…。
髪型は少しワックス多くしましてぴっちりタイトにして、帯締めとお揃いのイヤリングを。





足元のアップです。



青い花唐草の間にピンクの布を挟んでいただき三枚重ねの豪華版、鼻緒も茶とカーキの縞の正絹製。
全て古布なのでこの世に一足の特別な草履です♪

今日の装いにピッタリ!
berry工房さん、ありがとうございました!
またお願いします。

ご一緒した藤木屋さんも当時を復刻させたスーツスタイルでいらしてくださいました。
男性はこの頃ワイドなラペルのジャケットにダボダボパンツをサスペンダーでつるスタイルが流行だったそうです。

着物と洋装が交じり合うとても素敵な催しに参加して、それぞれのプロの方々(マニア)のお話も聞かせていただき大変素敵な夜でありました。

関連記事
スポンサーサイト
【2013/07/12 09:43 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<【再掲】浴衣de手芸カフェ開催です! | ホーム | 中野のインパクトにも負けないよそおい。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamamangosteen.blog86.fc2.com/tb.php/1318-55de2aa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |