とある日の装い。
浅草で恒例となりつつあるとあるイベントにやってまいりました。

レトロな雰囲気のカフェーにて繰り広げられる大正や昭和初期な装いに身を包んだ紳士淑女の集い。女性はみなさん着物です。男性は着物の方スーツの方が半分ずつ?くらい。

私もそんな時代を意識して手持ちの中からアンティーク色の濃い着物を選び参加しています。

この日はこちら。



主催者である東京蛍堂さんにて出会った黒地に花束柄の和洋折衷な羽織りに、アンティーク着物の端切れを半衿にしてアールデコなうす紫の着物を合わせました。

帯と帯揚げは現代のものですが、帯留めは祖母の漆と螺鈿で仕上げた古い物を。

本当はヘッドドレスも合わせたらもっと雰囲気がでたのでしょうね、残念。
次回こそは!



はじめは緊張気味だった参加者さんたちにもリラックスムードが漂い始め、私も4回目くらいの参加でしたが今回はなんだかとても良い雰囲気でした。

どんどん楽しくなってきてます!

東京大衆歌謡楽団さんとマロとメガネボーイズさんの演奏も間近で楽しめるし、あっと言う間の2時間でした。


毎月第二日曜日に浅草談話室の二階にて開催しています。
関連記事
スポンサーサイト
【2013/11/13 12:30 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ノスタルヂア。 | ホーム | しましま三角のストール留めピンを作ります!@今年最後の着物de手芸カフェ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamamangosteen.blog86.fc2.com/tb.php/1363-cfa81634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |