ちょいと実験中。
浅草のとある方から、リクエストです。

小林かいちさんの絵にある女子のようにアンティーク着物を着つけててみてほしい。とのことです。

ポイントととしては、帯が衿の合わせたすぐ下に来ていることのようです。
そこでちょいと我が家のトルソーさんに着せてみました。

私と体型が似ているかは置いておきますw我が家のトルソーさんは洋裁用でして、ウエストが素敵にくびれています。体型の差はあるとしても補正をする場合どこに何をどうつけたらよいか?実際着ることを考えるとこちらの方がリアリティーがあると思うのですよね。

通常は腰にスポーツタオルと補正パッドを巻くだけなんですが、今回はさらに寸胴にする為に腰にバスタオル、なで肩にするために肩にスポーツタオルを乗せてから着付けをスタートしました。

そして出来上がったのがこちら。



写真が少ないのですが、
胸の上に乗っかっているくらい高い位置に帯は来ました。帯揚げを広く巻くことにより更に上に帯が上がった雰囲気を出してみました。
寸胴具合は足りているようなのであとは実際に着てみた時に着崩れなければ良しとします。

肩のラインはスポーツタオルでは不十分だったかな?の印象です。綿の方が良かったかな?
引き続き研究の余地ありです。

自分の思い通りに着物の着姿がコントロールできると、いろんなシチュエーションに対応出来るようになりそうなので、昔の素敵な絵や写真を参考にもう少し勉強してみようと思います。

新年になって浅草のとある方にお会いする時には研究の成果がきちんと出ますように♪
関連記事
スポンサーサイト
【2013/12/03 18:56 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<お好みの羽織紐作ります。@浅草 藤木屋 | ホーム | 今年最後の着物de手芸カフェコーデ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamamangosteen.blog86.fc2.com/tb.php/1375-fa2c7971
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |