帯芯の上のふわふわ。
これって、何でしょう?



ぼろぼろになった帯を解いて帯芯を再利用しようとするとたまに出会います。

芯の上にしっかりと絡みついている綿みたいなもの。かなりランダムにかけてある感じ。両面。

洗濯機にからむと困るので、先に集めてみました。やっぱり絹っぽい。そしてあったかい^ ^



手で貼り付けたのかな?やはりお蚕さんの歩いた跡?

昔の知恵なのでしょうか…。とりあえずネットで調べたけれど、それっぽい記述はなし。

気になるなー
FB上でもこの疑問をぶつけたところお友達からこのような回答をいただきました!
↓↓↓↓↓

真綿引きと言って、帯と帯芯がなじみやすくするように入れたりしていたらしい。真綿は他にも、綿入れちゃんちゃんこや綿入れはんてんの中に入れたりもする。
とのことです。その後自分で絹と真綿の違いも調べましたが基本的に作られる繭が違うそうです。

ご回答ありがとうございました‼︎
関連記事
スポンサーサイト
【2015/10/27 08:38 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<Les Petit Parisien さんの1周年記念パーティーへ。 | ホーム | 色落ちすごい(笑) >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamamangosteen.blog86.fc2.com/tb.php/1593-fede4a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |