ファー(厚手の)半衿のつけ方のこつ。
冬限定にファー(仔鹿、ダルメシアン)を使ったまるでこら半衿を作りました。

多くの方がいままでに半衿には取り入れたことのない素材なのではないかなーと思います。かくいう私も今季初めて使いました。

いろいろな半衿のつけ方があると思いますが、縫い付け派の私が実際に仔鹿ファーのまるでこら半衿をつけた時の縫い方レポートです。ご参考にどうぞ。

基本どおりに端を全て折り返して縫うと襟元にボリュームが出過ぎるので、見えるところのみ折り返すのが良いかと思います。具体的には衣紋を抜くとちょっと覗くと見えるところ。(普通は覗かないけれど、以外と見えてることも汗)それ以外は二つに折ってぐし縫い。しかも内外の二枚いっぺんに縫ってしまいます。

まず、半衿の中心に待ち針で印をつけて、長さを半分に折って襦袢にかけます。このとき内側の衣紋周辺にあたる端はまだ折り返していません。折ってかけるだけです。



襦袢と半衿の中心を内外2枚同時に仮止め。写真は表からみたところです。

続いて中心から左右の外に向かって少し引っ張りなが内外の半衿を合わせて待ち針を打ちます。



ここまではまだ端は折り返していません。

仮止めしたところで内側の、衣紋を抜いたとき上から見えるだろう箇所のみ(中心から左右に向かってそれぞれ8~10cm程)折り返して待ち針で留め直します。このときも内外合わせて留めます。厚いので待ち針ぎりぎりです。



衣紋周辺の端のジグザグ処理が中に隠れました。



↑写真左端が衣紋周辺で折り返したところと折り返していないところの境い目です。ここはなんとなくなじませます。

待ち針を留め終わったところで縫っていきます。



ピンクのラインは縫い目です。折り返していないところは内外合わせてザクザク縫います。※左端が折り返しのはじまりです。



衣紋周辺の折り返したところは、外の布をなみ縫いですくいつつ、内側は折り返したところのキワをかがっていきます。この部分は縫い目を細かくしておくと仕上がりが綺麗です。



↑写真は内側の折り返したキワを縫っているところ。

衣紋周辺を縫い終わったら再度ザクザク縫っていきます。

終わりは糸を始末します。私的には最後で2回ほど返縫いして玉留めせずに糸を残しておきます。そうすると解いて糸を再利用できるのです。

もちろん玉留めでもOKです。

完成品は上から覗かれても(笑)綺麗です♪ かつ襟元がもたもた分厚くもなっていません。



最後にお好みの場所にまるをつけて完成です!



この方法は厚手の半衿(ってなかなかないかと思いますが)、コーデュロイにも応用出来ます。ファーやコーデュロイなどの冬素材製の半衿は首元あったかでおすすめです。

ぜひお試しください♪
↓【冬限定】でこら半衿はこちからご覧いただけます。

webshop@creema

webshop@minne

追記: 内外一度に縫うのが難しそうだなーという方は内と外で別に縫うと良いです。まずは外側をぐし縫いしてから、内側の衣紋周辺だけ折り返して縫うと手順がシンプルになります。

2015/12/5(追加)

この方法だと衣紋の外側の折り返していない部分の布が外にひっくり返ります。

個人的には見えない部分なので折り返しをまつるより、ぐし縫いしてしまった方が楽なのでそのままです。

気になる方は外も折り返しても良いと思います♪
関連記事
スポンサーサイト
【2015/12/02 12:17 】 | 制作日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ウッドの帯締め揃いました。 | ホーム | 着物番長2記念パーティーのおもいで2。 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamamangosteen.blog86.fc2.com/tb.php/1609-df3d3c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |