横溝正史小説をイメージして。初日は“スペードの女王”。
昨日から五日間来週の月曜日まで、曳舟のとあるお店で旅行中の店主に代わってお店番しています。
お店というか、そこは店主の書斎なのだそうです。
毎日着物で勤務することにしたのですが、書斎にちなんで私の敬愛する横溝正史先生の作品(金田一耕助シリーズが有名)を毎回イメージしたコーディネートにしようと思います。
初日は、“スペードの女王”。
スペードのクィーンの刺青をした女性が二人登場し、それが事件の鍵となっているお話。

トランプ柄の古布の半衿にスペードのモチーフを。

帯もトランプ柄。お話の舞台はだいたい昭和初期から中期前なので、全体は昭和レトロ仕立てに。
着物は立涌のお召し、紗綾形の渋羽織りにウッドの帯締めと辛子色の帯揚げ。


次回は犬神家の一族コーデとかもやりたいな♪ 
注: 白いマスクはかぶりません(笑)
関連記事
スポンサーサイト
【2016/02/25 10:08 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<横溝正史小説より、二日目は“白と黒”。 | ホーム | 私的に紫は落ち着く色。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamamangosteen.blog86.fc2.com/tb.php/1679-7cdc38b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |