バナナxアンティーク。と私的着物の選択基準。
先週末の日曜日は盛りだくさんでした。
何を着て行こうか考えた末、やはり届いたばかりの、そして念願のバナナ着物に、リサイクルショップでなんと300円だった絽の帯にしました。

小物は、鱗x縞でこら半衿、クリーム色の絽の帯揚げ、ヒツジのウッド帯締め、

クーピーグロスの黒がヒット中なので赤い口紅の上から重ねてみました。

世の中にかわいいものはたくさんあるけれど、その中でも安くて良いものを掘り出すのが大好きです。
もちろん、ものすごーく気に入ったものは資金を奮発したりすることもあります。
そうすると、ひと味違う小物や着物に出会えます。時間はかかったりするけどお金は節約できるし、なんといっても探し出す工程、それにたどり着くまでの工程がとても楽しいのです(私的)。思いがけない良い副産物に出会うことも多数です。
バナナも時間はかかったものの、ヤフオクで送料込みで4000円ほど、帯はお気に入りのリサイクルチェーン店の呉服コーナーで発掘。チェーン店だとアンティークにはそれほど価値はつかず単に古い着物として扱われるようなので、ちょっとシミがあったりするだけで素材扱いで破格になってるけど、アンティーク着物好きならば全然着用可能範囲内。逆に小綺麗でお茶とかに着ていけそうな物にそれなりの価値がついている印象。なので、近くのリサイクルショップに呉服コーナーがあったら穴場ですよ。
シカゴの着物コーナーも良いけれど、こちらは外国人旅行者も立ち寄るせいか、最近少し高くなった印象。それでもチェックはしてます。
帯揚げも地元のこちらはチェーン店ではなく、NPO?ボランティア団体?主催の古着屋さんにこれまた着物コーナーがありそちらで発掘。
絽の帯揚げって普通長さに対して垂直方向に透かしがはいっているけれど、これは並行に入ってます。なので、より涼しげな印象です。現代物より若干小さめサイズが逆に使いよいです。
半衿と帯締めは自作(好評発売中♪)で。
いろいろ経費節減している私ですが、履物にはそのかわりお金をかけます(あくまで私の可能な範囲で(^^;; )。
この日は白木の船底下駄でした。鼻緒も船柄のリボンからオリジナルで作られたものでした。
洋服もそうだけれど、足元がしっかりしていると全体が安っぽくなくしっかりと仕上がると思ってます。
題名を選択基準にしたけれど、ちょっと違うかかな?というか、ポリシーかな?コツ?なんとなくそんな感じですw
ではまた。
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
【2016/08/03 10:09 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ピンクを透かしてみました。 | ホーム | 素晴らしいロケーションにて花火。 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamamangosteen.blog86.fc2.com/tb.php/1784-b27dc7c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |