VIVID 銘仙の内覧会に参加。
10月の21日金曜日、特急りょうもうに乗り、

行ってきました。足利へ。
VIVID 銘仙展の準備です。
駅としては足利市駅で下車します。JR足利駅もあります。そしてかの有名な渡良瀬川渡り、

まずは、足利市立美術館で、マネキンに銘仙の着付けとコーディネート。

お昼は海老が美味しいという蝶やさんで天丼。美術館からすぐです。
銘仙をイメージしたカラフルな揚げ物(右上)のついたセットもありますよ。

蝶やさんから鑁阿寺(ばんなじ)の道すがらに銘仙の品揃え豊富なうさぎやさんがあります。
鑁阿寺にご挨拶して、

足利学校へ。


棗の実がなっているところをみかけるとテンションが上がる人です。
かわいい♪

美術館に戻り体制を整えて足利織姫神社へ。
ちょうどツアー客と被ったらしく、おばちゃんおじちゃん方と300段近い階段を頑張って登りました。

渡良瀬川を含む夕焼けの美しい景色が見られます。
美術館に帰る途中に見つけた銭湯には二階がありました。どんだけ古いんだろう。今は使ってない模様?

街のあちらこちらに古い素敵な建物が点在しています。実際住んでいたりなかったり。

そして、夜は展示の内覧会に参加しました。
オープニングセレモニーは足利市長さんのご挨拶からスタート。

パンフレット、図録の翻訳(一部)を担当した専業酒部の副部長と記念に。
この二体のコーディネートを担当しました。着物はコレクターさん所蔵品です。

※特別に許可をいただき撮影しました。
懇親会まで参加して、足利市立美術館館長さん、学芸員さん、青幻舎編集長さん、今回の担当編集者さん、展示の各部門担当のみなさんそうそうたる面々ともに名酒赤城山をお供に終電ぎりぎりまでお話ししてきました。
とっても楽しく、貴重な体験ありがとうございます。
VIVID 銘仙~煌めきのモダンきもの~は、12/25(日)まで開催です。

※許可を頂き撮影。正面に展示のこちらの原画もお見逃しなく!
11/20(日)には講師を務めワークショップも開催です。
銘仙で秋香る小物作
11/20(日)14:00~16:00 
参加費500円
定員20名 ※小学生以下は保護者と一緒でご参加いただけます。

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
【2016/11/10 10:17 】 | 制作日記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ベスト足袋ニストコンテスト審査員してきました。 | ホーム | 富岡製糸場と旧友に出会う旅。 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamamangosteen.blog86.fc2.com/tb.php/1835-0156ae93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |