金子國義の浴衣、“唇から百人一首”をおろして浴衣ナイトat Wired Hotel Asakusa へ。
仕立直やさんに頼んでいた浴衣が仕上がった!
早速これを着て浅草のWired Hotel で開催の浴衣ナイトへ。
浅草の名物(?)自撮りスポットの前で1枚目。

裾に百人一首の句や唇が満載なので、襟は黒い部分を使ってスッキリと仕上げて下さってます。

本当は、黒字に赤の独鈷の博多の半幅帯を締める予定が、引越しの荷物に紛れたままであることが判明笑。
こちらの黒地に赤い斜め矢羽根の半幅帯に変更。同系色で揃えたかったの。
そして、ポイントにウッド帯締め。

足元は糸春舟底下駄。革の鼻緒は素足には厳しいのと、足元をもう少し黒くしたかったので、靴下屋の足の甲ソックスを
履いてからの下駄。
これは、インスタでこれをしてる方がいて真似させてもらったらすごく良くてお気に入り。値段も手頃でオススメ!

出来たばかりのWiredHotel内のZAKBARANの素敵で美味しいお料理をいただきながら、

ママお二人と参加者の方々と楽しい浅草の夜♪
関連記事
スポンサーサイト
【2017/08/25 10:03 】 | お着物 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<物件申し込みの日の着物 | ホーム | 和祭@大原和服専門学校に出店。 >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mamamangosteen.blog86.fc2.com/tb.php/1981-2c777aef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |